写真共有サイトPHOTOHITO人と写真をつなぐ場所

yoshi.s yoshi.s ファン登録

写真句:写真エッセイ:桜6:もう一つの人

写真句:写真エッセイ:桜6:もう一つの人

J

    B

    人の字は支えもすれば負ぶいもす 人の字は、人が支え合う形なのは周知。 この桜枝を見ていて、私は、この形も人の字にしたらいいな、と思う。 負ぶわれることが必要な人だっていっぱいいる。負ぶう力がある人も少なからずいよう。 負ぶう人、負ぶわれる人。それもまた人の在り方。新しい形の人の字を、字に加えよう。 *写友の写楽旅人さんから、前掲の、自由のじ、に、文字シリーズの幕開け?・・とのコメント頂いて、考えてみた。文字シリーズ、面白いかも。 タグに、写真文字、と加えてみたが、さて続くかな・・。

    コメント8件

    キンボウ2

    キンボウ2

    写楽旅人さんの発想はすごいです。 僕なんかただ綺麗に撮りたいだけですから。

    2024年05月03日16時50分

    頂雅

    頂雅

    支えあうから負ぶう人、負ぶわれる人に至る。 負ぶう人が負ぶわれる人になる。 人の在り方 人生の在り方 出来る時に出来る ことを進んでしたいものです。

    2024年05月03日17時18分

    yoshi.s

    yoshi.s

    キンボウ2さん そう言われてトライしてみました。 それでなくともシリーズをたくさん抱える私としては、望むところです。

    2024年05月03日18時45分

    yoshi.s

    yoshi.s

    頂雅さん 意図するところを捉えて下さり、うれしく思います。

    2024年05月03日18時47分

    今田三六

    今田三六

    「人多き 人の中にも人ぞなし 人となれ人 人となせ人」 故人となられた尊敬する先生のお言葉です。

    2024年05月04日10時03分

    yoshi.s

    yoshi.s

    今田三六さん 人となれ、人となせ。素晴らしい言葉です。おそらくそれは人という文字の意、支え合うのだ、という意味だったのでしょう。歌に詠むとはさすがやんごとなきお方です。 我らが師も、それを説きましたね。  半(なか)ばは自己(わがみ)の幸せを 半(なか)ばは他人(ひと)の幸せを。 私はこう詠みましょ。 人先きに 習ひて人も人先きに 巡りめぐりて 吾に返り来(く) その反対は・・。 吾れ先に 習ひて人も吾れ先に 巡るものなく 独りたたずむ と、自分に言い聞かせています。  

    2024年05月04日12時53分

    ジョニー森永

    ジョニー森永

    写真に紐つく芸術創造の世界 素晴らしいです。

    2024年05月05日18時31分

    yoshi.s

    yoshi.s

    ジョニー森永さん いろいろなことを許容してくれるこのサイト、PHOTOHITO、そして写友。 せっかくですから、いろいろとやってみたいと思います。 かっこよく言うと、創造。平たく言えば、まあ、思いつき。 それでも、無かったものを生み出す作業は楽しいですね。

    2024年05月05日21時39分

    新規登録ログインしてコメントを書き込む

    同じタグが設定されたyoshi.sさんの作品

    • 写真句:宴のあと
    • 写真エッセイ:苺
    • 写真歌:日が昇る
    • カユガ湖の朝
    • 写真指編:Red in Yellow
    • 写真句:春告草

    最近お気に入り登録したユーザー

    写真を削除しようとしています。

    本当に写真を削除しますか?

    こちらのレビューを他のユーザーに公開します。

    レビューを公開しますか?
    講評の公開設定については必ずこちらをお読みください。

    コメントを削除しようとしています。

    選択したコメントを削除しますか?

    エラーが発生しました

    エラー内容

    PAGE TOP