写真共有サイトPHOTOHITO人と写真をつなぐ場所

Usericon_default_small takuro.n ファン登録

冬の天の河に降るふたご座流星群

冬の天の河に降るふたご座流星群

J

    B

    西に光害のある場所でそちらに傾いていく写野だったので撮ってきてからの処理が恐ろしく難しく手間取りましたが、明るい流星も多く流れた今年のふたご群の写真を。 ポータブル赤道に載せて1時半から3時頃まで絞りを1.6に絞ってISO800の20秒露出を繰り返した400枚ほどの中から、処理の過程でバックグラウンドに埋もれて見えなくなってしまった流星もありますが17個の流星が写ったコマとSN比向上のために計32枚を比較明コンポジット。

    コメント11件

    たっくん

    たっくん

    はじめまして。 凄い数の流星ですね。 冬の有名な星座の中を流れる構図素晴らしいです。

    2010年12月19日19時09分

    Usericon_default_small

    takuro.n

    たっくんさん、ありがとうございます(^^ゞ 今年のふたご群は予報通りというかもしかするとそれ以上に活動していたようで、特に月の沈んだ極大後は明るい流星が多かったようです。 この構図は冬の星野写真の定番でしょうが、その中をこれだけの数流れてくれたのはひとえに運がよかったとしか(^_^;)

    2010年12月19日22時11分

    Starryzobi

    Starryzobi

    流星群の美しさも勿論、背景の星野も素晴らしいですね。 冬の大三角形、バラ星雲、バーナードループ、M42などなど。

    2010年12月19日23時17分

    Usericon_default_small

    takuro.n

    Starrzobiさん、さっそくこちらにもありがとうございます(^^ゞ 今回は写野が光害方向に傾いていってカブリ除去に非常に苦労しましたので強調も出来ず、その上明るい流星が多くてノイズやハロ除去をやろうとすると流星の色味まですぐ飛んでしまう状況だったので星野そのものを美しく表現出来ているかどうかは微妙ですが、それでもこの淡い描写からそれだけ見取ってもらえるとなると経験者の方ですね(^。^) 最近直焦点の方が多くなって、ここにはカメラレンズの方が趣旨に合ってるかなと思ってあまり上げなくなってしまいましたが、これを機会にまた上げてみようかとも思いますので、またよろしくお願いします(^^ゞ

    2010年12月20日00時03分

    Joker

    Joker

    はじめまして、お邪魔します。 うわぁ…すごい数の流星…。 こんな光景、ぜひ撮ってみたいものです! ちなみにポータブル赤道儀はどちらのをお使いなんですか??

    2011年01月10日20時11分

    Usericon_default_small

    takuro.n

    Jokerさん、はじめまして(^^ゞ ポータブル赤道儀はスカイメモRです(^。^) 比較明による流星群写真は広角で明るめのレンズと赤道儀さえあれば後は運が大きいので、光害の少ないところで天候と流星量に恵まれれば誰にでも撮ることが出来ます(^。^) でも慣れない人はたいてい一発狙いで写野をあっちこっち動かして撮ってしまうようです(^_^;) 写野を決めたら後は運と赤道儀に任せて放置撮影で、自分は空を見上げてたり人と話したりしてられますので、実は非常に楽なんですよ(^◇^;)

    2011年01月12日12時44分

    Joker

    Joker

    takuro.nさん、お教えいただき、ありがとうございます。 やっぱりスカイメモRあたりですと、追尾精度がいいのでしょうね! ちなみにわたしはCD-1というのを使っているのですが、極軸の合わせ方が イマイチよくわからず、追尾の精度があまりよくありません。 1分以上追尾してみたいものです…。

    2011年01月17日20時57分

    Usericon_default_small

    takuro.n

    Jokerさん、アイベルのCD-1なら知り合いで使ってる人もいますが、確かに単体で買うと極軸合わせは難しいようですね。 せっかくなら活用出来るように極軸合わせ用ファインダーとそれ用の照明装置を買うと200ミリは重さ的にも苦しくても100ミリくらいまでなら2~3分は確実にガイドしてくれると思います。 それより超簡単に面白いアイディアでうまく撮っている方のHPがありますので、参考にされると広角から標準くらいでいいならこれも2~3分以上は十分ガイドしてくれそうです(^。^) http://hakusan.2702.jp/archives/2009/05/post_279.html

    2011年01月17日21時37分

    Joker

    Joker

    takuro.nさん、HPまでご紹介いただき、ありがとうございます。 参考にしてみます! CD-1オプションの極軸望遠鏡も買ったのですが、イマイチ使いにくくて使っておりません(汗) 照準器があるのでそれをうまく活用できないかと思案中です…。 またいろいろとご教授ください!

    2011年01月22日09時51分

    Usericon_default_small

    NEX-5

    ホントすごいですね。感動のしっぱなしです。 流星群とって見たいですね。

    2011年10月03日01時07分

    Usericon_default_small

    takuro.n

    NEX-5さん、ありがとうございます(^^ゞ 撮れますよ(^。^) 広角気味、APS-Cであれば14~24ミリくらいで明るいレンズをお持ちなら、とにかく数をたくさん撮って運がよければ一晩の間にでも一つや二つ写る可能性はありますし、このような流星群の来る夜に天気に恵まれれば固定撮影でも幾つもの流星を撮れる可能性は誰にでもあります(^^ゞ 中でも1月のしぶんぎ座流星群と8月のペルセウス座流星群、そして12月のふたご座流星群は三大流星群と呼ばれて毎年ある程度多くの数流れる流星群で、この写真の時はたまたま天気にも恵まれてこのように多くの流星を捉えることが出来ました(^。^)

    2011年10月03日13時39分

    新規登録ログインしてコメントを書き込む

    同じタグが設定されたtakuro.nさんの作品

    • 魚眼による冬の天の河と黄道光
    • 12月3日未明のラブジョイ彗星
    • 秋の天の河を彩る散光星雲たち
    • 馬頭星雲と燃える木星雲
    • オリオン流星群の夜、夜明け前黄道光の立ちのぼる中で
    • 冬のダイヤモンドを流れ落ちる天の河

    最近お気に入り登録したユーザー

    写真を削除しようとしています。

    本当に写真を削除しますか?

    こちらのレビューを他のユーザーに公開します。

    レビューを公開しますか?
    講評の公開設定については必ずこちらをお読みください。

    コメントを削除しようとしています。

    選択したコメントを削除しますか?

    エラーが発生しました

    エラー内容

    PAGE TOP