写真共有サイトPHOTOHITO人と写真をつなぐ場所

Usericon_default_small takuro.n ファン登録

ケフェウス座の散光星雲群

ケフェウス座の散光星雲群

J

    B

    えらく間が空いてしまいましたがオリオン群以前の10月13日に撮りに行った残りの画像、次に上げようと思ってるものはずっと処理はしてました。 しかし、肩を壊して重いものが持てないのでポタ赤にカメラ2台載せでと目論んだはいいんですが、そうなると効率良くするためにある程度2台の露出を合わせる必要があり、6Dの方はある程度簡単なんですがそれに合わせる60Dは相当無理な設定にしてしまいました。 そもそも6Dは冷却60Dと比べてもノイズ耐性は1段以上良い上に、使うレンズはF4でも使い物になりそうな50ミリArtと以

    コメント19件

    Usericon_default_small

    takuro.n

    前のCANONの常で少し赤ハロ傾向のEF135F2L。 その上冷却60DとEF135F2Lの組み合わせの方にはLPS-P2使い_| ̄|○ まあ今回は広角で秋の天の河を、そして同時にその中にある興味深いところを中望遠で狙おうという趣旨なわけですが、おかげで設定は6Dの方が絞りF4のISO1600で露出4分のインターバル2分で8枚に対し、冷却60Dの方は絞りF4のISO3200で露出4分インターバル2秒の14枚。 ただでさえ6DにSN比的に1段以上劣る60Dを感度を一段上げて使わざるを得なくなり、もうこの時点で結果は推して知るべしだったかも知れません。 それでも一応枚数を14枚撮ることである程度カバー出来るかと思ったんですが、甘かった_| ̄|○ 14枚中最初の4枚がなぜか明るくかぶってしまって他とデータ的違いが大きく、それでもSN比のために最初は全て使ってカブリ補正頑張ってたんですがどうしても分からず、結局その4枚を除いた10枚で処理することになり、もうこの時点で何日かかってるか分からん上に画像的にもムラムラザラザラ_| ̄|○ 前の写真でも書いたようにここら辺は夏の天の河ほど濃くはっきりしたガス雲でもなく、冬の天の河ほどスッキリもしておらず、輝度的にも彩度的にも微妙に淡いガスがそこここに絡まっており、ただでさえ分かりにくくて個人的にも苦手なところ(>_<) その上赤ハロ対策に微かにピントずらしてかつF4で使った星像は周辺部は肥大してしまい、そこにLPS-P2独特のシアンが付いてしまってもう大変(^◇^;) もうどう足掻いてもこれ以上良くなりそうにもないので諦めて今回はこれで(^_^;) 場所は前の写真左上のガーネットスター右に小さく赤い星雲がポツポツと広がってる部分です。 これらはそのほとんどがシャープレスカタログという赤い輝線星雲を集めたカタログに載ってるんですが、ここのはどれも小さいのでほんとは一つ一つ長焦点の望遠鏡で撮って楽しむとそれぞれ個性的で面白そうやなとは思いますが、そんなことがいつ出来るようになるのやら(^_^;) まあこの画角でもレンズをF5.6に絞ってISO1600の10分以上の露出で撮ればもっと綺麗になるのは確実ですが、その分長くなる総露出時間を考えると途中で先に露出が終わってしまう6Dの方に触れず次の撮影に移れないので勿体ないなどと考えてこんなハメになってしまったわけですね(>_<) いったいどうすれば(・_・、) スカイメモにEF135F2LとLPS-P2を付けたAstro60Dを載せ、F4に絞って2015/10/13の22時14分からISO3200の4分露出で撮った10枚をRAP2、CameraRaw6、StellaImage7、PhotoshopCS6と通して処理。 方向は本来は左下方向が北なので上になるんですが、分かりやすいよう前の写真にほぼ合わせてあります。

    2015年11月10日17時51分

    カイヤン二世

    カイヤン二世

    takuro.nさん、こんばんは。 星や星雲の持つ本来の色、美しさを出すために、膨大な時間と労力を投入され、光害やかぶりを取り除こうと、これまでに、実体験を通して習得されたテクニックを駆使しておられるからこそ、こんなに美しい写真に(takuro.nさんご自身は満足しておられないようですが)仕上がるのだと思います。それを「美しいです」としか表現できないことをお許し下さい。 takuro.nさんに日頃たくさん教えていただいていることのうち、ほんの少しでもできるようになりたいです。 今後もよろしくご指導下さい。<(_ _)>

    2015年11月10日20時04分

    Usericon_default_small

    takuro.n

    カイヤン二世さん、ありがとうございます(^^ゞ あまり気を使っていただかなくても大丈夫ですので、もっと直球でもかまいません(^◇^;) 元々天体写真はそんな多くの人がやってるわけでもなく、ネット上でもよくよく見れば情報発信してるのはごく一部の方達です。 私含めほとんどはそれを謹聴していろんな情報やテクニックをまあ言葉悪くいえば盗ませてもらってる、っというのがしばらく前までのこの世界の状況でした。 私がここで始めたのは元々カカクコムにはとてもお世話になってると思ってたので、その姉妹サイトがあるのに気が付いた時にやりだしたというだけなんですが、そのうちMarshallさんやyoshi-tamさんがすごい勢いでやり始め、話しもどんどん噛み合うようになってきた時にはここがこんな場としても使えるんやと嬉しく思ったものです。 今ではことハードや実撮影に関しては私よりはるか先に行ってしまわれましたが、おかげで今度は私がいろんな情報をここで教えてもらえてたりします(^^ゞ 最初は何を聞いていいのか何が分からないのかも分からない、といった状況で上手く話せないというのが日本人では普通ですが、何が分かってないのかを聞いたっていいわけです(^○^) また逆に今現在カイヤン二世さんの方では赤道儀が調子悪いようですが、これがいったいどういう状況なのかを発信してくれれば何処にそれを必要としてる人がいるかも分かりません。 そういうふうに考えればカイヤン二世さんだって情報提供してくれてるわけで、まったくお互い様なんです(^。^) あまり堅苦しく考えず、ここをうまく使い、楽しめる場に出来ると良いですね(^^ゞ

    2015年11月10日21時06分

    カイヤン二世

    カイヤン二世

    takuro.nさん、ありがとうございます。 婆凡さんにいただいたSXWですが、今日、連絡が入り、明日には修理が上がるようです。 どうして修理に出さなければならなかったかと言いますと、実にお恥ずかしいのですが、譲っていただいたのが春でしたが、天候が悪くなかなか撮影の機会がありませんでした。三脚のツメを買ったりしているうちに梅雨に入り、ますますデビューの機会が遠のきました。とにかく早く使いたくて、毎晩のように室内で操作の練習をしていました。ある時、動かしたまま眠り込んでしまい、そのまま朝を迎えてしまったのです。赤道儀を動かしていたことを思い出し、恐る恐る赤道儀に目をやると…恐ろしい光景が…。鏡筒が真下を向き、ケーブルが赤道儀に絡みつき、そのケーブルが無理やり赤道儀を止めたようでした。半べそをかきながら、ケーブルを外し、赤道儀を元のポジションに戻しましたが、RS232Cの差込口(赤道儀側)は大きく歪み(というか捥げている感じでした)、ぐらついていました。ネジもくの字に曲がっていました。ペンチでネジを真っ直ぐにして、なんとか接続し、操作してみると、一応正常らしい動きをしたので、半信半疑ながらも少しホッとしました。 そうこうしているうちに、オートガイダーも届いたのですが、どうもうまく動かないと悩んでいる時に、西明石天文同好会の方々に声をかけていただき、二度目にたくさんの方々の協力もあって、初めての5分の追尾に成功しました。でも、プレアデスを撮っている途中に、スーゥッと鏡筒が動き出し、放っておくと鏡筒が三脚にぶつかりそうになりました。慌てて止めて、次の対象の撮影に切り替えました。それがうまく行ったので、さっきの暴走はたまたまだったんだと自分に言い聞かせました。 ところが、次に自宅でオートガイダーの練習をしようとしたときには、赤道儀はもう、どうしても正常な動きをしてくれなくなりました。仕方なくカスタマー修理センターへ送ると、 「赤道儀モーター基板不具合交換、モーターカバー西側破損交換、赤経ウォーム部オーバーホール」で21.800円(税抜き)の修理となったのですが、全く症状が改善されておらず、再入院させたところ、赤経ウォームネジがダメになっていて、これも交換となりました。今回は無償で交換して下さるとのことでした。 以上が、せっかく譲っていただいたSXWが使えなくなった経緯です。こんなバカなことは誰もなさらないでしょうから、参考にもなりませんが…。

    2015年11月10日21時39分

    yoshimpc

    yoshimpc

    先ほどからしばし拝見して、銀河内のどの辺なのかなと思って調べていましたが、結局どのあたりなのかわからずじまいです。(星図と言う意味ではなく、銀河系内のどの腕のどのあたりか?と思ったんです)  星が多く見られる部分の上に暗くガスが覆っていて、その暗いガスがある上に散光星雲が重なるように存在しているのがわかります。  画像的には、ハロを気にされてあえてピントをずらしたと言う事ですが、個人的には多少ハロがあってもカリカリ星像のほうが見栄えがする気がしました。もっとも、このレンズのハロがどの程度なのかもわからないので、もしかしたらピントばっちりのをみたらハロが、、とか言っていた可能性もあります。 カイヤンさんの赤道儀ですが、ウォームまでというと、結構やらかしてしまいましたね。うちのもですが、赤道儀って、動くから自動で止まってくれないかと期待しますが、日本製のも止まらないんですね。 うちのもモーターが出っ張っているから、自分で自分にぶつかって破壊してくれる素晴らしい設計です。

    2015年11月10日22時03分

    婆凡

    婆凡

    こんばんは 画像処理の経緯、大変参考になりました。私はどうも安直でパッと撮ってパッと処理してアップしてしまいます。フラットが撮れていないので、あれ以上弄れないということもあるのですが。 カイヤン二世さんのハプニングは凄いですね。まさに情報共有で私も十分気をつけようと思いました。 私の鏡筒はおかげさまで、爪を隠すリングをチューブのものからプラ板を切り抜いたものに変更して、随分と良くなりました。アドバイス、ご指導ありがとうございました。 また反射式の鏡筒も本日メーカーに送りました。みなさんのご指摘がなければ、屈折も反射も自分では全く気づかずに使っていたと思います。 今後もアドバイス、ご指導是非よろしくお願いいたします。

    2015年11月10日23時46分

    Usericon_default_small

    takuro.n

    カイヤン二世さん、ひぇ~~~~~~~~~ もうなんと言っていいのか(>_<) 想像するだに恐ろしい(>_<) ついつい動かしたくなる気持ちは十二分に分かりますが、ビクセンの赤道儀って南中越えとかできたんでしたっけね~ もうとっくに南中位置越えて動かしてたとかでしょうかね(^_^;) でも、誰もしないとは限らないんですよ_| ̄|○ まあもらったSXWでやってしまったショックには比べるべくもありませんが、実は私も本番撮影中にスカイメモでやったことあります(^◇^;) あれの純正三脚は完全に設計ミスと思いますがバランスウェイト付けると干渉するんです。 それは気が付いててだいぶ気をつけてはいたんですが、ある時人と喋ってて気が付かずにおそらく数分でしょうがウェイトが脚にぶつかって動かなくなってました。 まあクランプが望遠鏡ほど強力でもなかったので事なきを得たようですが、そのあと速攻で三脚カメラ用の一番大きいのに買い換えました(^◇^;) でももしこれがEM200やったらおそらく私も寝込んでしばらく出てこないと思います(^_^;) 今度こそ直って返ってくるといいですね(^^ゞ

    2015年11月11日00時00分

    Usericon_default_small

    takuro.n

    yoshi-tamさん、ありがとうございます(^^ゞ ここら辺、難しいんですよ(^_^;) もう余力残して透明感持って仕上げるなんてただの一度も出来た試しありません(>_<) オリオン中心部のように明るいガス雲ばかりでも難しくなるのに、暗いガス雲、暗黒帯、らしきところが絡んでるともう何処がなんなのか(^_^;) StellaImageのカブリ補正ダイヤログのグラフでも輝度傾斜や色味の傾斜が出てこないんです。 かといって感覚だけでやりたくはないし、例によってもう何度カブリ補正からやり直したか分からずで疲れました(^◇^;) ハロはね~、青ならまだしも、赤だとなんか汚くなる気がして(^_^;) 結構派手に出るので全体のカラーバランスまで引きずられるんですよ(^_^;) みんながハロを嫌うのは当然理由があるわけで、こんな誤魔化ししてるより結局はZeiss買うのが正解なんでしょうね(^_^;) 赤道儀はモーターのない時代でも方向によっては鏡筒が三脚にぶつかるのでぶつけないように使うのがお作法でしたが、モーターがあると気が付かないと勝手に行ってますからね~(^_^;) 正中時に止まるものは確かあったと思いますが、それを超えたらもうエンコーダーに何か基準を記憶でもさせておかないと、逆に何でも止まってしまっても使い勝手悪くなりすぎますので難しいところかもしれませんね(^_^;)

    2015年11月11日00時13分

    Usericon_default_small

    takuro.n

    婆凡さん、ありがとうございます(^^ゞ 画像処理、最高の元画像を得る撮影さえ出来ればパッと処理して十分なんですよ(^◇^;) 天体写真の理想は宇宙空間で撮ることです。 よけいな光を拡散させる塵や水蒸気を大量に含んだり、また流れることで通ってくる光を揺らがせる大気も無く、減光もされず、そもそも温度も低いのでデジタルで撮るとノイズも少ない。 こんなところで撮れればもうノイズ低減処理も簡単で済むしカブリ補正などもいらず、良い光学系を使って丁寧に撮っておきさえすればあとはほんと簡単だと思います。 だから逆に言えば私のは良い撮影が出来てないんです(^_^;) 参考にとのことですが、そうならないよう参考にされてください(^○^) 赤道儀はね~、慣れないと色々難しいこともあると思います(^_^;) そもそもこれを使うのが本来寝てるはずの時間ですし(^◇^;) 経緯台なら動き方や可動範囲もすぐ慣れるでしょうが、赤道儀の動き方って初めてだとなんのこっちゃ分からんですもんね(^◇^;) ほんと問題は忘れた頃にやってきたりもしますので、私も気をつけたいと(^^ゞ

    2015年11月11日00時25分

    Marshall

    Marshall

    こんばんは。 もうボツにしたのかと思ってましたがやっと出てきましたね。 yoshi-tamさんがどこだかわからないと書いてましたが、私はこの夏クワガタ撮ってたので一目でわかりました。しかし何も言われなければ苦労したのもわからずじまいでカメラレンズの怖さを思い知らされた気分です。と言うのも次の出撃はカメラレンズで。と思ってたところなので余計ですね。 画像は毎度のことで素晴らしいです。こういうのってこの画面で全体をパッと見て判断したほうが良いと思うんです。プリントアウトしてもそんな感じで見たほうが綺麗ですよね。 カイヤンさんは大変でしたね~!私も何度かケーブル引っかけてますが、そこまでなる前に緊急停止してくれてますけどね。でも直ってきたら楽しみですね~。周りに知り合いがいるだけでも色々上達するのは早いでしょう。 ここ数日、雨か曇りばかりです。<(_ _)>

    2015年11月11日00時37分

    Usericon_default_small

    takuro.n

    Marshallさん、ありがとうございます(^^ゞ 初めて使ったISO3200、これのせいも大きいと思ってます(^_^;) とにかく何もかも曖昧で、何を基準にしていいのかも分からんような酷い元画像からでしたし、ことに6Dと50ミリArtの後なだけにショックが(^◇^;) 焦点距離も長くなればなったでガイド精度的難しさが出てきますが、まあこれは良い機材使ったり頑張って調整することで自力である程度克服出来ます。 でもカメラレンズレベルの短焦点になるとどんな良いレンズを使っても周辺星像とか色収差とかやはり納得いくようなレンズそのものがほとんどありませんし、その上画角が広い分光害カブリの影響も大きくなりと、もう撮影時に自力で何とか出来る範囲を超えてしまうためにどうしても後処理で何とかとなるわけですが、まあそれも限度がありますね(^◇^;) このカメラとレンズだとやはりISOは1600に戻して絞りはF5.6まで絞る必要がありますが、となると露出はこの4倍_| ̄|○ さすがにそれでは2台体制も厳しいので、せめて絞りだけでもF4で使えるレンズ、Zeiss買うのが一番に思えてきました(^_^;) 確かにプリントすると、私なんてA4プリンタしか持ってませんので全然粗が目立たなくなるんですよね(^◇^;) でもたまに良い画像が出来るとモニターで等倍にして宇宙旅行感覚で見てみたくなるんですよ(^^ゞ まあそんなレベルの画像なんて年に1枚出来るかどうか程度ではありますが、機材も処理も中級程度の私でも一応目標はそんな写真を1枚でも多くものにしたいと、一応思ってたりするわけですね(^◇^;)

    2015年11月11日02時19分

    カイヤン二世

    カイヤン二世

    takuro.nさん、みなさん、こんばんは。 赤道儀の件、気にかけて下さってありがとうございます。 故障の原因は上にも書きましたように100%私の不注意ということで、本当に不細工なことであり、譲って下さった婆凡さんにも申し訳なくて、原因については黙って墓まで持っていこうかとも思いましたが、みなさんに聞いていただいて、スッキリしました。 SXWは明日の夜届きます。天気はしばらくは思わしくありませんが、晴れましたらすぐに練習を開始したいと思います。また拙い画像をたくさんUPしますが、ご指導のほど、よろしくお願い致します。<(_ _)>

    2015年11月11日19時13分

    Marshall

    Marshall

    こんばんは。 赤道儀ですが、確かVixenのスターブックテンの物は地平線に差し掛かれば止まってくれるはずです。 正中越えも何度まで超えて止めるか設定できるので私は14度程度まで超えさせてます。撮影中は正中越えにかかるとチャイムが鳴り鏡筒を反転させますか?と問われます。当然撮影途中なので無視するかNOを選択しますが、さらに2度超えるともう一度問いかけられます。そのまま続行したり撮影が終わったところを見計らって反転させたりしますが、調子の良いときは撮影中に設定をさらに大きく変えて続行します。ただ14度まで設定してるのでそれ以上まで引っ張ることもないです。デフォだと正中越えにかかると勝手に反転してたと思います。鏡筒によっては正中越え、地平線に差し掛かる前でもカメラが三脚と当たったりするのでハーフピラーとか使って回避しますが一番は付きっ切りで見てることですね。カメラが当たる、ケーブルが引っ掛かるは私も経験済みですが、ある程度のテンションがかかると自動停止します。でもケーブル接続部は曲がるでしょうね。<(_ _)>

    2015年11月11日20時05分

    Usericon_default_small

    takuro.n

    カイヤン二世さん、墓まで持っていくつもりだったとは知らず、何か聞きだしたみたいになってしまってすみませんでしたm(__)m でもおかげでこれを読んだ人みんなのふんどしを締め直してくれる効果絶大だったと思います。 そしてなによりもカイヤン二世さんご自身の覚悟というか、それまでとは一新されたんではないでしょうか。 婆凡さんにしても何で不調なのか心配だったでしょうし、本格的赤道儀持つの初めてのカイヤン二世さんにとって気持ちを新たにする事件だったことが分かればそれはそれで納得いってもらえるんではないでしょうか。 尚更のこと、全てはこれから、赤道儀返ってきてからですね(^。^)

    2015年11月11日21時20分

    Usericon_default_small

    takuro.n

    Marshallさん、それそれ、止まってくれる機能、確かビクセンにはあったはずと思ったんですよ。 でももしかするとそういう機能が停止させてあったかもしれず、初めてのカイヤン二世さんには何も分からん状態だったかもしれませんね。 赤道儀返ってきたらまず最初にやるべきはそこら辺の確認かもしれませんね~

    2015年11月11日21時24分

    カイヤン二世

    カイヤン二世

    takuro.nさん、Marshallさん、ありがとうございます。 いえいえ、お陰様でスッキリしました。黙ってたらいつまでもモヤモヤしてたと思います。 もう二度と今回のような失敗はしないよう、気合いを入れ直します。 自動停止機能等の有無も確認してみます。 今後もよろしくお願いします。

    2015年11月11日21時33分

    Usericon_default_small

    takuro.n

    カイヤン二世さん、赤道儀もそれぞれ機能や使い方が色々違ったりします。 違うメーカー使ってるとそれだけでもう全然分からない部分もたくさん。 また、以前はビクセンを使ってたという人はたくさんおられると思いますが、ビクセンの赤道儀はここ数年変化が激しいですし、古い記憶というのも思ったより曖昧で危なかったりもします。 幸いここには今現在複数のビクセン赤道儀を使ってかつ研究十分で私などより桁違いに詳しい人がいてくれるわけですから、返ってきて色々確認して分からない部分はしっかり聞いて教わるのがいいと思います(^^ゞ

    2015年11月11日22時05分

    カイヤン二世

    カイヤン二世

    takuro.nさん、ありがとうございます。 明日、SXWを受け取ったら、カスタマーサポートにメールをしますので、その時にも尋ねてみようと思います。 ホント、申し訳ない気持ちと恥ずかしい気持ちでいっぱいです。 でも、また撮影ができるかと思うとワクワクします。処理の方も頑張りますので、 よろしくお願いします。

    2015年11月11日22時13分

    Usericon_default_small

    takuro.n

    カイヤン二世さん、私も楽しみにしてます(^^ゞ

    2015年11月11日23時12分

    新規登録ログインしてコメントを書き込む

    同じタグが設定されたtakuro.nさんの作品

    • ふたご群、雄牛とオリオンの戦いに降る矢
    • 冬の天の河に降るふたご群2012
    • 影の中の月
    • オリオン流星群の夜、夜明け前黄道光の立ちのぼる中で
    • ふたご群、暗黒帯絡む天の河の下を翔去るものたち
    • 12月5日未明のラブジョイ彗星

    最近お気に入り登録したユーザー

    写真を削除しようとしています。

    本当に写真を削除しますか?

    こちらのレビューを他のユーザーに公開します。

    レビューを公開しますか?
    講評の公開設定については必ずこちらをお読みください。

    コメントを削除しようとしています。

    選択したコメントを削除しますか?

    エラーが発生しました

    エラー内容

    PAGE TOP