写真共有サイトPHOTOHITO人と写真をつなぐ場所

Blue Man Blue Man ファン登録

石油が無い時は薪で

石油が無い時は薪で

J

    B

    日本は原油不足のため国家備蓄の石油を放出する議論をしている。札幌のある町内を散歩していたら薪が積んである家が意外に多かった。石油暖房だけではなく、薪を並行して使う冬の暖房対策は”有”かもしれない。CO2による地球温暖化の問題は気になるが・・・・・・・。

    コメント4件

    501

    501

    灯油が普及する前は石炭を焚いていた時代がありました。 その頃は札幌も大気汚染が酷かったという歴史が ^^;

    2021年11月22日20時18分

    Blue Man

    Blue Man

    501さん、その頃は公務員の燃料手当が”石炭手当”と呼ばれていて、住宅に石炭倉庫が付いていましたよね。煙突から出る煙で、雪も黒くなっていたと思う。石油も石炭も薪も炭素系の燃料で大気汚染に繋がるんだよね。炭素を使わない熱エネルギーといえば、放射線廃棄物の処理で話題になっている”あれ”だよね。

    2021年11月23日08時58分

    yuka4

    yuka4

    暖炉の薪でしょうか、一冬でどれ位用意したら足りるんでしょう(⌒∇⌒)

    2021年11月23日21時16分

    Blue Man

    Blue Man

    yuka4さん、コメントありがとうございます。 写真の薪は一般家庭のものなので暖房用だと思います(確認したわけではありませんが・・・)。北海道で薪ストーブを販売している事業者の積算では、新築30坪の家なら2トン、3立方メートル程度と説明しているところもあるようですが、自分はもう数十年薪を使っていないので正確なデータを持ち合わせていません。

    2021年11月23日21時51分

    新規登録ログインしてコメントを書き込む

    同じタグが設定されたBlue Manさんの作品

    • 公園通りの夕暮れ
    • 花と蝶
    • 巡る春
    • 初夏
    • 夏の日
    • キタコブシ

    最近お気に入り登録したユーザー

    写真を削除しようとしています。

    本当に写真を削除しますか?

    こちらのレビューを他のユーザーに公開します。

    レビューを公開しますか?
    講評の公開設定については必ずこちらをお読みください。

    コメントを削除しようとしています。

    選択したコメントを削除しますか?

    エラーが発生しました

    エラー内容

    PAGE TOP