写真共有サイトPHOTOHITO人と写真をつなぐ場所

TR3 PG@ TR3 PG@ ファン登録

ケルン大聖堂正面全貌

ケルン大聖堂正面全貌

J

    B

    RX100M6の広角は35mm換算で24mmです。 が、大聖堂の正面全体をフレームに収めようとすると、相当引かなければなりません。 「撮影地」を拡大して見てもらえれば分かりますが、視界を遮らず全体を取れるポイントとしてはこれがほぼ限界ですね。 それほど大きいのです。 高さ157mもありますからね。

    コメント5件

    TR3 PG@

    TR3 PG@

    手前のモニュメントのようなものですが、以前にも単独で紹介した尖塔の先端装飾(フィニアル)です。 先の「緻密な造形・・・ケルン大聖堂正面上部尖塔」の尖塔の先を見比べて欲しいのですが、この高さ9.5m、幅4.6mもある巨大な石の装飾品が尖塔の先端に付いているのです。 建設時、どのようにしてあの高さに揚げたのでしょうか?・・・気になります・・・ タグの「先端過食」「フィニアル」をクリックすると関係写真が出てきます。

    2021年02月14日18時13分

    kenz

    kenz

    いや~~~、荘厳ですね、石の文化の結晶です! しかしRX100M6、良く写りますね^^

    2021年02月14日19時02分

    kuuaojiji

    kuuaojiji

    青空にそびえるケルン大聖堂、凄いですね。 9mmでようやく前面が入るんですか! 思い出しますよ。

    2021年02月14日19時04分

    TR3 PG@

    TR3 PG@

    kenzさん、いつもコメントありがとうございます。 はい、ケルン大聖堂は何度見ても新鮮な驚きの感覚で見られます♪ こんな緻密な石の構造物は、流石に地震のない石の文化の行き着くところだなぁと思いますね。 こんな緻密な構造体を撮るには、良いレンズと一眼レフで撮りたくなりますが、小さなRX100でも結構良い写りをしますね(^_^)

    2021年02月14日20時44分

    TR3 PG@

    TR3 PG@

    kuuaojijiさん、いつもコメントありがとうございます。 あの感動、驚きを思い出して頂けましたか?(^_^) ほんとうに凄いですよね! 一般的な広角28mmでは全体像を写そうと思ったらば撮影場所を求めて走り回らなくなりますからね(^_^; 意外と最近のスマホは超広角レンズが付いているので、スマホの方が写しやすいかもしれません。

    2021年02月14日20時51分

    新規登録ログインしてコメントを書き込む

    同じタグが設定されたTR3 PG@さんの作品

    • ウィンドウ越しのノイシュヴァンシュタイン城雪景色
    • 冬の庄川峡 美しき舞
    • 庄川峡の寒い朝 第一便
    • 雪あかり 蒼き合掌 手を合わせ
    • 晩秋の波紋
    • 庄川峡遡上

    最近お気に入り登録したユーザー

    写真を削除しようとしています。

    本当に写真を削除しますか?

    こちらのレビューを他のユーザーに公開します。

    レビューを公開しますか?
    講評の公開設定については必ずこちらをお読みください。

    コメントを削除しようとしています。

    選択したコメントを削除しますか?

    エラーが発生しました

    エラー内容

    PAGE TOP