写真共有サイトPHOTOHITO人と写真をつなぐ場所

hatto hatto ファン登録

堤の春

堤の春

J

    B

    堤、もしくは土手ですが、そこに咲く水仙を土手の下から同じアイレベルで撮影しました。背景に紅白の梅を入れて、アクセントに。タイトルは土手より、堤の方がちょっと良い語かと。(笑) 撮影ポイントは、主役が出来るだけ綺麗に咲いていて、背景に何かアクセントをと考えての構図です。

    コメント12件

    kuuaojiji

    kuuaojiji

    豪雪で大変な福井県の海岸沿いにも名所が有るようですが、今はどうでしょうか?  春よ来い早く来いってとこですか! バックのボケが効いていますネ

    2018年02月08日08時17分

    仏女55

    仏女55

    なるほど~参考にさせて頂きます(^-^)/

    2018年02月08日08時59分

    hatto

    hatto

    kuuaojijiさんコメント有り難うございました。 福井県並びに日本海の皆様お見舞い申し上げます。今年は春が遅いかも知れませんね。 バックの紅梅、白梅を意識して400mm望遠で暈かしています。

    2018年02月08日15時24分

    hatto

    hatto

    仏女55さんコメント有り難うございました。 水仙がもう少し綺麗だと良かったのですが、この時バックとの組み合わせ上これがベストでした。何か仏女55さんにヒントとなるようでしたら嬉しいです。

    2018年02月08日15時26分

    おさげ髪

    おさげ髪

    撮影ポイントと構図の選び方、とても参考にさせて頂けました。 土手より絶対堤の方がステキです。 紅白の梅が効いていますし玉ボケがキレイですね(^_-)-☆

    2018年02月08日15時30分

    hatto

    hatto

    おさげ髪さん何時もコメント有り難うございます。 これからもできる限り、撮影方法、撮影状況や撮影意図などを書いていきます。 まだまだ私自身勉強中の身ですので、偉そうなこと言えませんが、参考になるものが有れば参考にして下さい。

    2018年02月08日15時37分

    波の

    波の

    構図とバックの処理が勉強になります。 ありがとうございます。

    2018年02月08日16時02分

    スリーピー

    スリーピー

    映像を見て、キャプションを読んで、また映像を見て・・・と。 生きた教材、ありがたく思います。

    2018年02月08日17時43分

    ほ た る

    ほ た る

    美しい背景ですね(^^♪ 望遠は主役との距離感が大切。 まわりをよ~く観察してみますね(*^-^*) 日本水仙は 小さいけれど たくさんの花をつけてくれるので 楽しみですね。

    2018年02月08日20時29分

    hatto

    hatto

    波のさんコメント有り難うございました。 花を描写するのに私はマクロか望遠ズームを使用しています。何れのレンズも背景を暈かしやすいから使用しています。そんな事で背景が「命」といえます。出来るだけ美しくゴチャゴチャ感が無いようなシチュエーションを何時も探しています。

    2018年02月13日09時48分

    hatto

    hatto

    スリーピーさんコメント有り難うございました。 「生きた教材」なんて嬉しいですが、とんでもないです。(笑)

    2018年02月13日09時49分

    hatto

    hatto

    はすじろうさんコメント有り難うございました。 梅撮影もそうですが、出来るだけシンプルに撮影出来るように目を皿にしています。(笑)

    2018年02月13日09時50分

    新規登録ログインしてコメントを書き込む

    同じタグが設定されたhattoさんの作品

    • 酉よサヨウナラⅡ
    • 北安曇野 深山霧海
    • 光輝燦爛
    • 幽暗の渓
    • 橙 光 渦(とうこううず)
    • 雨中の花宇宙

    最近お気に入り登録したユーザー

    写真を削除しようとしています。

    本当に写真を削除しますか?

    こちらのレビューを他のユーザーに公開します。

    レビューを公開しますか?
    講評の公開設定については必ずこちらをお読みください。

    コメントを削除しようとしています。

    選択したコメントを削除しますか?

    エラーが発生しました

    エラー内容

    PAGE TOP