写真共有サイトPHOTOHITO人と写真をつなぐ場所

会員登録はこちら

魂写 魂写 ファン登録

それぞれの夏

J

    B

    写真を通じて人とつながる楽しみを

    O

    無料 30MB/枚の写真を
    15,000枚まで投稿できる

    L

    無料 投稿写真を
    お気に入り登録できる

    X

    無料 投稿写真をカスタマイズ&
    ディスプレイできる

    靖国神社「みたままつり」での光景。60数年前に「英霊」となった若者。その30余年後に若者となった私。さらに、それから30余年たった「今の若者」。「英霊」を祭る灯、カメラを構える私、「今の若者」。それぞれの世代のそれぞれの若者の眼に映る「それぞれの夏」…。

    コメント94件

    おおねここねこ

    おおねここねこ

    魂写さまの作品を見て色々考えさせられます。 また、コメントも毎回きちんと入れられていてお手本ですね。 素晴らしいです!!!

    2009年08月01日08時46分

    ZUKI

    ZUKI

    この作品で描写されている それぞれの世代の夏に昭和も遠くなって来たなーと!! そして、平和ってありがたいなー とつくづく感じました。 すごく魂写さんの気持ちがわかります。

    2009年08月01日11時06分

    Usericon_default_small

    ひろひろ

    場所が場所だけにやはり 考えさせられる部分も大きいですね。 さすが魂写さんの作品は ひと味もふた味も違います☆

    2009年08月01日11時43分

    rin23n

    rin23n

    みたままつりですね。 私も行きました。若い人たちが多かったですね。 確かにこの神社での意味を考える人たちが減っているのでしょうね・・・。自分も含め。 考えさせられます。

    2009年08月01日14時51分

    Usericon_default_small

    ケータイカメラ

    時代時代の若者 フシギな繋がりが伝わります。

    2009年08月01日15時36分

    t-zan

    t-zan

    とても魅かれる雰囲気でございます。 若者の昔と今、素敵な描写でございます。

    2009年08月01日15時40分

    Miles

    Miles

    まもなく終戦記念日 改めて『平和』というものを考えさせられる1枚です。

    2009年08月01日18時43分

    齊藤氏吽慈

    齊藤氏吽慈

    キャプションが素敵ですね。毎年のようにやってくる夏の1ページですね。 私も考えさせられています。

    2009年08月01日19時08分

    タルタル

    タルタル

    昨晩、第二次大戦末期のヒットラー暗殺を題材にしたトムクルーズ主演のワルキューレを見ました。 時の移ろいを感じます。 時代ごとの若者感をコメントした作品素敵です。

    2009年08月01日19時30分

    ぶらっくこーひー

    ぶらっくこーひー

    色々な事を考えさせられる1枚です。 とても深いものを感じました。。。

    2009年08月01日20時31分

    nokond200

    nokond200

    かつての戦争の記憶の灯明と現代の若者・・・考えさせられます。

    2009年08月01日21時02分

    毛糸屋

    毛糸屋

    子供の頃は事情も知らずにお祭りを楽しみにしていただけでしたが、 それでも何となく御社の前では見よう見真似で頭を下げていたことを思い出します。 今になって、お祭りにも華やかなだけではない事情もあると判ります。 もう直ぐお盆ですが、無邪気に手をあわせるだけでも、今は良いのだろうと思うことにします。

    2009年08月01日21時16分

    kohaku

    kohaku

    この様な例祭があることを初めて知りました。 国家の永久的存続を願い英霊となった方々はどの様に感じているのでしょう?。 この様な作品を見せて頂いて感謝します。

    2009年08月01日21時51分

    PEACE

    PEACE

    我々は未来永劫語り継がなければならない使命があるように思います。 決して忘れてはいけない1945。 散っていった若桜。 そして、世界が震えた、あの夏の日。 この写真にも、そうした魂が込められているように感じます。

    2009年08月01日23時01分

    A scene

    A scene

    若者よ今を楽しめ、社会は厳しいぞ!!と言いたくなりますね。 完全にオッサン化してます(´∀`)

    2009年08月01日23時07分

    makichi

    makichi

    あぁ。。本当に考えさせられる作品ですね。 若輩者の私が言うのもおこがましいですが、写真も言葉も魂写さんの表現ってすごいです。

    2009年08月02日00時47分

    TONY

    TONY

    それぞれの時代の若者が見るもの感じるものは、やはり違いますよね。それはまわりを取り巻く環境も それぞれに違うわけですから当然のことだとですよね。 それぞれの時代、それぞれの若者、そして『それぞれの夏』 とても素敵です。

    2009年08月02日03時22分

    Rene

    Rene

    魂写さん、おはようございます。新作お待ちしておりました! とても雰囲気のある素敵な色合いの作品ですね。それぞれの視点で見た世界観、素晴らしいです!!

    2009年08月02日05時02分

    魂写

    魂写

    おおねここねこさん ありがとうございます。 根がおしゃべりなんでしょうね。コメント毎回入れちゃってますね(^^ゞ 今回のコレは、表現力の限界もあって、コメントなしには「気持ち」を 伝えることが出来ませんでした。これからもコメント付きで、UPしていきます(^_-)-☆

    2009年08月02日09時19分

    魂写

    魂写

    極楽とんぼさん ありがとうございます。 私は、戦後10年そこそこで生まれたのですが、考えてみると 今から10年前というのはほんの「最近」のことなんでよね。 そう考えると、複雑なモノがありました…

    2009年08月02日09時21分

    魂写

    魂写

    ひろひろさん ありがとうございます。 この若者たちを見たとき、私は祭られている英霊とこの若者たちとの ちょうど「中間」に位置する世代であることに気づき、 何か「出会い」のようなものを感じてしまいました。

    2009年08月02日09時24分

    魂写

    魂写

    rin23nさん ありがとうございます。 この手の問題はある意味「重すぎる」問題ですし、経験していない世代にとっては 「ウザイ」問題なのかもしれません(私も「若者」時代そう考えていました)。 でも、すくなくとも、年に何回かは振り返ってみたいと感じるようになって来ました。

    2009年08月02日09時27分

    魂写

    魂写

    ケータイカメラさん ありがとうございます。 我々は生まれる時代を選ぶことが出来ないわけで、 時代時代の若者が違う「景色」を見ることは自然なこと。 むしろ、他の世代の若者の見た「景色」を共感できることが大切ですね。

    2009年08月02日09時29分

    魂写

    魂写

    泰山さん ありがとうございます。 みたままつりを歩いて、歩き疲れた頃、この光景に出会いました。 60年のときを経て、2つの世代が、交わっているようで不思議な感覚を覚えました。

    2009年08月02日09時30分

    魂写

    魂写

    Milesさん ありがとうございます。 昨年まで5年ほど米国に滞在していたのですが、テロとの戦いについて しばしば米国人から「俺たちは今も戦争中なんだ」というコメントを聞きました。 複雑です…

    2009年08月02日09時33分

    魂写

    魂写

    PHOTOHITQさん ありがとうございます。 終戦後10年余りで私は生まれたのですが、その私ですら戦争は遠い歴史的事実と 考えてしまいがちです。時として、自分のこと、自分の親のこと、自分の子供のこととして 考えることが必要だとおもいます。

    2009年08月02日09時35分

    魂写

    魂写

    タルタルさん ありがとうございます。 我々は生まれた場所・時代という大きな枠組みの中で生きているわけですが、 異なる場所・時代で生まれた人々をどこまで共感できるかを問われているんでしょうね。

    2009年08月02日09時37分

    魂写

    魂写

    ぶらっくこーひーさん ありがとうございます。 そうですね、とても深い世界ですね。 それぞれの若者がそれぞれの環境で生きているわけで、 お互いが理解しあうために色々な形で対話をしたいです。

    2009年08月02日09時39分

    魂写

    魂写

    Assamさん ありがとうございます。 仰るとおりですね。これから30年後も平和であって欲しいですね。 この若者たちが中心になる世界、頑張って欲しいですね。

    2009年08月02日09時40分

    魂写

    魂写

    nokond200さん ありがとうございます。 まつりで歩きつかれた頃、ふとこの光景に目が留まりました。 深い…ですよね。

    2009年08月02日09時44分

    魂写

    魂写

    毛糸屋さん ありがとうございます。 若いときには、戦争体験を語る親父の世代に単に反発しか 感じないときもありました。押し付けるのではなく、それぞれの環境の違う世代を 理解しあうことが大切な気がします。

    2009年08月02日09時47分

    魂写

    魂写

    kohakuさん ありがとうございます。 靖国神社で行われています。 老若男女を問わず大勢の方々が訪れます。kohakuさんも是非一度!

    2009年08月02日09時49分

    魂写

    魂写

    PEACEさん ありがとうございます。 学校の授業でも、この辺りの歴史は「避けて」しまっている嫌いがあります。 日米が戦争をしたことを知らない世代がいるとか… 私を含め、戦争を知らない世代は、事実を知らない限りは「判断」ができない訳で、 語り継ぐことは我々の世代の責任ですね。

    2009年08月02日09時52分

    魂写

    魂写

    A sceneさん ありがとうございます。 「自由に生きることは若者の特権。今、この時代を自由にきることがこれから社会を生き抜く力…」かな????

    2009年08月02日09時55分

    魂写

    魂写

    makichiさん ありがとうございます。 写真も言葉も…なんて(^^ゞ ただ、このシーンに遭遇したときは、生まれる時代を選べない我々が 他の世代を共感することの困難さと共感できたときの素晴らしさを感じました。

    2009年08月02日09時58分

    魂写

    魂写

    TONYさん ありがとうございます。 仰るとおりだとおもいます。 自分で選べない世代の違いというのは、多分、頭で考える以上に はるかに大きなものだと思います。価値観がことなのは当然で、 その異なる価値観を理解しあうことが大切だと思います。

    2009年08月02日10時01分

    魂写

    魂写

    rene-antwerpさん ありがとうございます。 黄色い提灯の灯りが、いい雰囲気を出してくれました。 この光景に出会ったときに、見えるもののだけではなく、 背景の「時のコントラスト」を感じました。

    2009年08月02日10時03分

    魂写

    魂写

    清水清太郎さん ありがとうございます。 世代によって価値観が違うのはある意味当たり前の話で、またそれがないと進歩が無いことも事実。問題は、価値観を形成する過程で、しっかりとした事実を共有ですることができているかどうかという感じがします。おっしゃるように、たとえどんな動機であったとしても、こういう「まつり」に来て少しでも、「過去」を考えることがあれば、それは大きな進歩なのだと思います。

    2009年08月02日15時51分

    Usericon_default_small

    カプチーノ

    心にしみる写真ですね。 いろいろ考えさせられました。私もいつか行きたいと思っている一人です。過去~現在~未来と,日本人としてつながっていきたいと思っています。

    2009年08月02日17時34分

    魂写

    魂写

    カプチーノさん ありがとうございます。 私は昭和40年代に小中学校を経験した世代ですが、その時代は、明らかに教師はこの時代についての授業を避けていました。昭和の歴史を否定することがファッションでづらあった時代でした。やったことの良し悪しの議論とは別に、何があったのかを確りと伝え、それを世代が彼らなりに租借するベースを提供することは私たちの責任だと思うのです。

    2009年08月02日17時57分

    8825

    8825

    考えさせられる作品です。 この時代に生きる人たちは過去に何があったのかをしっかりと見つめて生きなくてはなりませんね。 改めて平和の尊さを感じました。

    2009年08月02日20時16分

    ばじる♪

    ばじる♪

    考えさせられるコメントです。 それと同時にコメントにふさわしい 描写で表現されていて素晴らしいと思います。

    2009年08月02日21時55分

    魂写

    魂写

    8825さん ありがとうございます。 仰るとおりだとおもいます。過去を確りと認識することなしには 将来を考えることはできませんよね!

    2009年08月02日22時13分

    魂写

    魂写

    ばじる♪さん ありがとうございます。 年のせいでしょうか、自分が昭和の時代をいかに知らなかったのか 痛感されることが多い今日この頃です。 自省をこめて、しっかりと過去を見据えて将来を考えなければ…と思います。

    2009年08月02日22時15分

    Usericon_default_small

    かんのゆ

    まさに、現代と昔の交差点ですね。

    2009年08月02日23時15分

    ☆おくりん☆

    ☆おくりん☆

    戦争は遠い過去の事の様に感じてしまいがちですが、まだ60数年前の事なんですよね。 本当、今の平和に感謝すると共に、過去の事もしっかり知っておかなければいけないと思いました。 きちんと未来に伝えるために。

    2009年08月02日23時55分

    キミモデナ

    キミモデナ

    確かに、タイトルもメッセージが伝わる素敵な作品です。 考える一枚に仕上がっていますねぇ。

    2009年08月03日00時20分

    Usericon_default_small

    VOXY103

    時代は変わり、人々の記憶からだんだん消えていく、そんな思いになる一枚ですね。

    2009年08月03日16時16分

    Gaia

    Gaia

    そういえば一時期、祭には必ず暴走族みたいな輩が来てたと思うと、今は平和ですね。 これがどんな祭なのか知っている若者はいるのでしょうか? いろんな思いが詰まった1枚ですね。

    2009年08月04日19時00分

    影虎

    影虎

    祭り 良いですね 風情がありますね

    2009年08月04日20時47分

    kiyo-taka

    kiyo-taka

    いろいろと考えさせられる、考える機会を頂ける作品ですね。

    2009年08月04日23時27分

    Usericon_default_small

    sotonet

    『日常を撮る』という事は、こういう作品の事を言うのでしょうね。 何気ないスナップから、色々な事を思わされる。 凄いなぁ。。。

    2009年08月05日00時14分

    魂写

    魂写

    かんのゆさん ありがとうございます。 そうですね。現代と昔の交差点ですね…

    2009年08月05日09時58分

    魂写

    魂写

    おくりんさん ありがとうございますl。 昭和の戦争のことは、学校の教師も避けて通りがちな話題ですが、事実は事実として 後輩たちに確りと伝えることは必要ですよね。

    2009年08月05日10時00分

    魂写

    魂写

    キミモデナさん ありがとうございます。 常にこういうことを感が手居るわけではないのですが、この光景を目にしたときは 場所柄もあり、ふとこんなことを考えてしまいました。

    2009年08月05日10時01分

    魂写

    魂写

    VOXY103さん ありがとうございます。 我々の世代は、しっかりと、後背の世代に語り継いでいく責任があるのでしょうね。

    2009年08月05日10時02分

    魂写

    魂写

    Hiirooさん ありがとうございます。 提灯の灯りがとても良い感じでした(^_-)-☆

    2009年08月05日10時03分

    魂写

    魂写

    Gaiaさん ありがとうございます。 そうですね、余り多くの若者が、この祭りの意味を知っているという感じはしませんでしたね。 価値観はともかく、歴史を伝えていくということは、やっぱり、必要ですね。

    2009年08月05日10時04分

    魂写

    魂写

    Gaiaさん ありがとうございます。 そうですね、余り多くの若者が、この祭りの意味を知っているという感じはしませんでしたね。 価値観はともかく、歴史を伝えていくということは、やっぱり、必要ですね。

    2009年08月05日10時04分

    魂写

    魂写

    影虎さん ありがとうございます。 祭りのこの雰囲気は、世代を超えた魅力を持っているのでしょうね!

    2009年08月05日10時05分

    魂写

    魂写

    kiyo-takaさん ありがとうございます。 私も、この光景に出会って、自分の世代の責任のようなものを感じました。

    2009年08月05日10時06分

    魂写

    魂写

    sotonetさん ありがとうございます。 一枚の写真って、時として、凄く雄弁に語りかけますよね。 皆さんから、たくさんのコメントを頂いて、とても嬉しいです!!

    2009年08月05日10時07分

    Usericon_default_small

    古いもの好き

    私自身行かなきゃなと思いつつ行けずにいる状態ですが、若者も大勢いるのかと 頼もしさを感じました。60年以上経って隠されてきた真実が明らかになりつつある 昨今です。今の若者たちも昔の人達が持っていた日本人としてのアイデンティティーを 引き継いでくれることを願います。

    2009年08月05日13時05分

    page

    page

    何気に祭りとイベントが同化しつつありますよね…^^;

    2009年08月05日20時02分

    魂写

    魂写

    古いもの好きさん ありがとうございます。 ある種のイデオロギーに歪められた歴史ではなく、淡々と事実を知り、 その事実にもとづいて、それぞれの世代がそれぞれの解釈ができるように なれれば良いのに…と思ってしまいます。

    2009年08月05日23時04分

    魂写

    魂写

    pageさん ありがとうございます。 世代間で、この神社に期待するものが違うのでしょうね…

    2009年08月05日23時05分

    Usericon_default_small

    よしくん

    このような写真を撮ってみたいです。 雰囲気がすごく伝わってきますね。コメント素晴らしい・・・

    2009年08月06日00時36分

    Usericon_default_small

    ころん

    魂写さんの作品はどれも考えさせられます “人それぞれ”だけじゃ何も生まれませんもんね “考えること”が大事だと思いました^_^

    2009年08月06日08時00分

    weiji

    weiji

    これが今の群像でしょうか JKを含む女性達の姿勢が印象的です それにしても光がきれいですね  悪いニュースばかりで 項垂れる男性より やっぱり被写体は女性でしょうか(◎o◎)

    2009年08月07日23時15分

    魂写

    魂写

    よしくんさん ありがとうございます。 年のせいでしょうか…、最近、自分が如何にこの時代のことを知らないのかということを 反省しつつ実感するとともに、この時代のことを知らないで今後のことを考えることに 危うさを感じています…

    2009年08月08日08時36分

    魂写

    魂写

    ころんさん ありがとうございます。 この時代のことって学校で教えないんですよね。 現在の日本を形成した重要な歴史的要素のひとつであるのに、 イデオロギーの議論があるので事実を知らせていないということに 最近疑問を感じていました…。

    2009年08月08日08時38分

    魂写

    魂写

    weijiさん ありがとうございます。 確かに、今の時代の群像のひとつなんでしょうね。 それにしても、ここに来ている人は圧倒的に女性が多かったです。 女性は年齢を問わず、男性はおじさん中心でした。 なもんで、議論の余地無く、被写体は…(^^ゞ

    2009年08月08日08時41分

    魂写

    魂写

    vockulさん ありがとうございます。 人間は生れ落ちる時代を選択することはできないわけで、 その時代その時代をどう生き抜くかということなんでしょうね。 ただ、今の世代は次の世代に「良い時代」を継承したいものです。

    2009年08月08日08時43分

    Usericon_default_small

    オヤジーテ

    風景や空気感を伝えるだけではないんですね。 世代、年代そして時代そのものを伝えてくれていますよね。この作品は。 亡くなっていった方たち。ここにいる若者たち。そして私たちも等しく貴重な存在なのですよね。

    2009年08月09日13時06分

    魂写

    魂写

    オヤジーテさん ありがとうございます。 それぞれの世代はそれぞれの価値観に基づいて生きているわけで、 どの世代も他の世代を否定することは出来ないと思います。 大切なのは、他の世代がどういう価値観でどういう生き方をしたのかを 謙虚に学ぶことだと思います。

    2009年08月09日14時11分

    Usericon_default_small

    つー

    戦後は遠くなりにけり...と言われてからも数十年。 戦中、戦後の先人の労苦を偲びつつ、平和を享受できることの 幸せを素直に喜びたいです。

    2009年08月09日21時49分

    魂写

    魂写

    つーさん ありがとうございます。 私自身、戦後生まれで戦争を知らない世代ですが、 戦争の時代にかかわる歴史的事実の教育を受けた記憶がありません。 事実を事実としてしっかりと認識することは、 平和の時代を維持するする上で不可欠なことと思います。

    2009年08月09日23時12分

    Usericon_default_small

    Juny

    キャプションが深いですね。昭和の背景に平成のモデル。 いろいろ考えさせられてしまう一枚ですね。

    2009年08月10日08時43分

    沙奈

    沙奈

    タイトルとコメントがすごく深いですね!! 地元のお祭りの意味も知らないわたしです、すごく考えさせられました。 時間や世代の移りかわりで、受け継がれるものにも少しずつ変化はあるかと思いますが やはり根底となるものは形をかえず残していきたいものですね。

    2009年08月10日21時02分

    魂写

    魂写

    Junyさん ありがとうございます。 この年になったせいか、私の先輩たち経験をほとんど知らなかった自分を 恥じるとともに、その経験を次世代に伝え、次世代の「判断」のベースを 継承していく大切さを感じるようになりました。

    2009年08月10日22時03分

    魂写

    魂写

    沙奈さん ありがとうございます。 価値観というのは世代によって異なるのは、ある意味当然の事ですが、 その価値観の違いによる判断の違いは、自分以外の世代の経験した事実を 正確に知ることによってのみ可能になるのでは…と最近感じています。 その意味で、それぞれの世代は自分の世代、その前の世代の経験した事実を、 次の世代に正確に伝えて行くことが使命ではないか、と最近考えるようになりました。

    2009年08月10日22時09分

    sky blue

    sky blue

    あたりまえではない今の平和・・・・ この平和がずっと続くことを願ってやみませんです~!

    2009年08月10日22時42分

    魂写

    魂写

    sky blueさん ありがとうございます。 仰るとおり、当たり前に思える今の平和って、当たり前ではないんですよね。 イデオロギーに関係なく、今の平和がある世代の犠牲の上に成立している事実は 忘れてはいけないことだと思います。

    2009年08月10日22時53分

    Joker

    Joker

    うーん、深イイですね。 この若者たちの姿を見て、何とも言えない気持ちになった 私もずいぶんと歳をとったんだなと改めて感じてしまいしました。

    2009年08月11日09時05分

    魂写

    魂写

    Jokerさん ありがとうございます。 私も若い頃は、戦争について考えるなんていうことはまったくと言って良いほどありませんでした。 たぶん、年を取るということは、自分が旧世代と新世代の間に入るようになって、新世代への語り部的な役割を意識するようになることなのかもしれませんね…。

    2009年08月11日23時01分

    aoi

    aoi

    きれいなだけではなく、重みのある一枚ですね。 色々な意味でどきっとさせられました。 上手くいえないのですが、とてもいい写真です…。

    2009年08月11日23時08分

    魂写

    魂写

    aoiさん ありがとうございます。 私も、この光景を見たときにドキっとしました。 それぞれの世代が背負った宿命、次の世代へ引き継いで行くべき事実… 考えさせられてしまいました。

    2009年08月11日23時43分

    魂写

    魂写

    HIROKIさん ありがとうございます。 場所が場所なだけに、時期が時期なだけに複雑ですよね。 でも、私も、お兄さんも居る中、お姉さんを狙ってますね(^^ゞ

    2009年08月11日23時46分

    Usericon_default_small

    船長兼漁労長

    思わず提灯の文字を全部読んでしまいました。

    2009年08月16日21時51分

    魂写

    魂写

    船長兼漁労長さん ありがとうございます。 私も、戦後10年ほどたって生まれた戦争を知らない世代ではあるのですが、 10年という期間は、この年になってみるとつい昨日のことのように感じます。 ということは、自分の世代は、戦争があったという事実を正確に次世代に 伝えていかなければいけない世代なのだ、と最近思うようになりました…。

    2009年08月16日22時02分

    J.Seagull

    J.Seagull

    みたままつり、私も2年連続で撮りに行きましたが、納得いく写真が撮れていません。 こちらのお写真と近い視点でも撮ったのですが、魂写さんのと比べると人物が小さすぎて、主題が定まらない写真になってしまったことを思い知らされました^^; 日本の戦争の歴史については、いろいろな視点から俯瞰して考えて見ることが大切だと思っているので、靖国についてもおっしゃるとおりイデオロギーや思想が違うからということで否定したりできるものではないですよね。 余談ですが、私は靖国に行くときはできるだけ千鳥ヶ淵戦没者墓苑にも行くようにしています(閉園時間が早いのが難ですが) 歩いていける距離なのに、靖国神社の賑わいと墓苑の静けさの落差に現実社会が垣間見える気がします。 そして戦没者の無数の無名戦士の遺骨が納められた棺の前に立つとき、戦争の歴史がリアリティさをもって胸に迫ってきます・・・。 (長文コメント、失礼いたしました)

    2009年09月09日16時12分

    魂写

    魂写

    J.Seagullさん ありがとうございます。 わたしは、J.Seagullさんに比べるとはるかに問題意識は低いかもしれません。 それでも、さすがにこの年になると、私のちょっと上の方々が経験されたことが、 ある特定のイデオロギーのせいで、「触らぬ神に…」状態で 次世代に語り継がれないことに、強い違和感を覚えます。 歴史の善悪の評価は時代、立場によって異なるとしても、FACTはFACTとして しっかりと語り継いでいくことが我々の責任だと思います。

    2009年09月09日23時10分

    Usericon_default_small

    マッピー

    以前、靖国の近くに勤めていました。何度か足を運びました。 見物人は外国人が多かったです。意外でした。 泉で日本人の子供と外国人の子供がいっしょになって遊んでいました。 「こどもたちのための未来」「こどもたちに未来を託す」よく聞く言葉ですがそんな言葉を思い出しました。 知らないから仲良くなった。大きくなり、歴史を知り、何があったのか知るようになっても幼いころの絆はかわらないままでいて欲しいです。

    2009年09月19日14時42分

    魂写

    魂写

    マッピーさん ありがとうございます。 素敵なコメント、考えさせられました。 歴史を変えることはことは出来ないし、無視することも出来ない。 ただ、歴史に縛られるのはさらに不幸なのでしょうね。 歴史を知った上で、新しい価値観で自分たちの世代が、将来の世代にとって いつか歴史になるであろう「今」を作る、ということなのでしょうね。

    2009年09月19日16時12分

    新規登録ログインしてコメントを書き込む

    同じタグが設定された魂写さんの作品

    • シェヘラザードの舞~アラビアン・ナイト
    • La Cumparsita~ラテンの情熱
    • 肉食系美女
    • 古くから学生の街だった…
    • 夏夢・思い出のあとさき
    • 夜・神輿

    最近お気に入り登録したユーザー

    写真を削除しようとしています。

    本当に写真を削除しますか?

    こちらのレビューを他のユーザーに公開します。

    レビューを公開しますか?
    講評の公開設定については必ずこちらをお読みください。

    コメントを削除しようとしています。

    選択したコメントを削除しますか?

    エラーが発生しました

    エラー内容

    PAGE TOP