写真共有サイトPHOTOHITO人と写真をつなぐ場所

会員登録はこちら

tromboneimai tromboneimai ファン登録

過ぎ去りし日々

J

    B

    写真を通じて人とつながる楽しみを

    O

    無料 30MB/枚の写真を
    15,000枚まで投稿できる

    L

    無料 投稿写真を
    お気に入り登録できる

    X

    無料 投稿写真をカスタマイズ&
    ディスプレイできる

    時間から取り残されたような風景でした

    コメント40件

    Usericon_default_small

    kick_drive

    ここでどんな生活を送っていたんでしょうね。 とても寂しい気持ちになります。

    2009年05月17日22時57分

    カフェ-

    カフェ-

    「過ぎ去りし日々」題名の雰囲気出ていますよね!屋根&樋の崩れピッタシもいいです♪少し(しんみり)します♪

    2009年05月18日08時53分

    Takanori

    Takanori

    古屋が良い味を出していますね〜 北海道でこんな写真、僕も撮ってみたいです!

    2009年05月18日14時37分

    AG

    AG

    もしかしてCanonのソフトですか? ちょっとHDR風で良い雰囲気が出てますね^^

    2009年05月18日15時28分

    tromboneimai

    tromboneimai

    kick_drive様、ありがとうございます。 こういった被写体の写真は撮りづらい面ありますが、思わず北海道の開拓の歴史みたいなものを感じ、 シャッター切っていました。

    2009年05月18日19時49分

    tromboneimai

    tromboneimai

    Hiiroo様、ありがとうございます。 そんな風に感じていただければ本望です^^ 当然モノクロでも試しましたが、逆に明るい色調でしたところ 雰囲気がでたかもしれません。

    2009年05月18日19時52分

    tromboneimai

    tromboneimai

    カフェ-様、ありがとうございます。 モノクロにするとあまりしんみりし過ぎたので逆に明るく仕上げました。 北海道の原野には、このような風化に任せた家屋が点在していますね。

    2009年05月18日19時54分

    tromboneimai

    tromboneimai

    Takanori様、ありがとうございます。 旅の途中で通り過ぎてからしばらくして戻って撮影しました。 何か引っかかる雰囲気があったので... 北海道には良い被写体が沢山あると思います。ぜひいらっしゃって下さい^^

    2009年05月18日19時59分

    tromboneimai

    tromboneimai

    AG様、ありがとうございます。 NIKONのCAPTURE NXで処理しましたが 何故かデータサイズが小さくならず、仕方がないので 女房のKiss用のソフトで小さくしたらこうやって表示されました^^ モノクロだとあんまりにも陰惨な雰囲気漂ったので、明るく処理してみました!

    2009年05月18日20時04分

    Usericon_default_small

    sprout

    初めまして。 切なさの中にもしっかり暖かさのあるお写真ですね。 春の日差しがよく似合うお家だと想いました。

    2009年05月19日00時22分

    tromboneimai

    tromboneimai

    sprout様、ありがとうございます。 イメージしたとおりのコメントをいただきとても嬉しいです。 いろいろな事情があってこの家を出たのでしょうが やっと暖かくなった春の日差しに包まれていました^^ 今後ともよろしくお願いします<(_ _)>

    2009年05月19日18時30分

    Usericon_default_small

    ころん

    この家もまた自然に帰ろうとしているのか・・ と、自然の輪廻みたいなものを感じました^_^

    2009年05月20日10時56分

    tromboneimai

    tromboneimai

    ころん様、含蓄のあるコメントありがとうございます。 そうですね、永い数々の思い出と共に自然に回帰しているんでしょうね。

    2009年05月20日22時11分

    カズα

    カズα

    北の国からの世界ですね、あのドラマはまりました。 北海道への憧れが強いのはあのドラマの影響だと思います。 北海道行きたい。

    2009年05月21日09時54分

    tromboneimai

    tromboneimai

    ぜーひ、遊びにいらっしゃって下さい。 被写体の宝庫だと思いますよ。 お越しの節はガイド致しますのでご一報を!

    2009年05月21日21時21分

    Usericon_default_small

    bakubaku

    どんな人が住んでいたんでしょうね~。 過去があって今があるんだな~と考えてしまいました。 5年後、10年後、100年後と続きが見たいですね!

    2009年05月21日23時08分

    iroha

    iroha

    タイトルで何かの映画を思い出しました・・・過ぎてもなお美しい・・・そんな風に仕上げていらっしゃるところが素敵です^^

    2009年05月22日11時55分

    tromboneimai

    tromboneimai

    清水清太郎様、コメントありがとうございます。 僕もあの家にどんな人が住みどんな事情で現在の姿になったのか、色々考えてしまいました。 でもって、それを振り払うようにあえて明るく仕上げてしまいました。

    2009年05月22日20時48分

    tromboneimai

    tromboneimai

    bakubaku様、コメントありがとうございます。 僕も同じことを考えていました。 何年か経ってまた近くを通ることがあったら再度撮ってみますね。 多分僕よりもあの家の方が長生きでしょうが。

    2009年05月22日20時54分

    tromboneimai

    tromboneimai

    あい様、コメントありがとうございます。 気持ちを分かっていただいたようで嬉しいです。 周りの枯れ木も今再度見てみると家にくっついて生えています。 きっと原野に開拓で入った人が家を建て、防風雪林として樹を植えたんでしょう。 家主とともに樹も朽ちていったのでしょうか?

    2009年05月22日21時00分

    tromboneimai

    tromboneimai

    mtrf様、コメントありがとうございます。 モノクロで凄味をだそうかとも思いましたが、淋しい風景だったのであえて 春が来たんだよ、といった雰囲気にしました。

    2009年05月22日21時03分

    page

    page

    朽ちの美学を感じました♪ 周りの木々がこの家を自然界に取り込もうとしているように思いました^^

    2009年05月23日09時23分

    tromboneimai

    tromboneimai

    page様、素晴らしいコメント頂きありがとうございます。 正に言いえて妙ですね。 あと50年、100年とこの家は風化を続けていくのだと思います。

    2009年05月23日21時40分

    影虎

    影虎

    なんか絵を描きたくなる 構図です

    2009年05月25日18時27分

    りん

    りん

    おもしろいすよね、人がいなくなると、途端に朽ちていく。

    2009年05月26日04時25分

    tromboneimai

    tromboneimai

    影虎様、コメントありがとうございます。 本当に絵描きさんだったらきっと描くでしょうね^^ 僕も車で通り過ぎてしばらくしてここに戻ってきました。

    2009年05月26日05時31分

    tromboneimai

    tromboneimai

    りん様、コメントありがとうございます。 あと何年の間ここに存在しているんでしょうかね?

    2009年05月26日05時32分

    Usericon_default_small

    suzume

    見たことないのに懐かしい風景・・・。 今、私の頭の中ではさだまさしの北の国からの歌が流れてます。 五郎さん、どこいったのかな?

    2009年05月26日23時20分

    tromboneimai

    tromboneimai

    suzume様、コメントありがとうございます。 デ・ジャブというやつですね。 いろいろ皆様にイメージ頂け嬉しいです。

    2009年05月27日00時11分

    Usericon_default_small

    yotty

    私だったら少し暗めでコントラスト高くまとめてしまいそうです。 明るめに仕上げたことで大自然の中でたくましく生きている雰囲気が伝わってくるようです

    2009年05月28日08時34分

    tromboneimai

    tromboneimai

    yotty様、こちらにもありがとうございます^^ モノクロでも仕上げてみたんですが、ちょっと淋しい雰囲気になり過ぎました。 春の原野で家主を失くした家がそれでも頑張っているようですか? 意図を分かっていただけ嬉しいです!

    2009年05月28日21時52分

    Usericon_default_small

    北こぐま

    こんにちは、先日コメントいただきました北こぐまです 僕が子供の頃はこんな感じの家たくさんありました。 まだ、ちらほら見かけますが、もう不在なのか空き家なのか、もの悲しいげな感覚です。 屋根のトタンが長尺でないのと、シタミ板貼りが懐かしく感じられます。

    2009年05月31日22時08分

    tromboneimai

    tromboneimai

    北こぐま様、ありがとうございます。 北海道の昔の家屋はこんなつくりだったんでしょうね。 これは弟子屈に向かう途中、帯広と士幌の間くらいの所だったと思います。 時とともに朽ちつつも、自然と同化していくのを喜んでいるようにも見えました。

    2009年06月01日01時36分

    Rene

    Rene

    素敵な色合い、そして空気感のある描写、素晴らしいです!

    2009年06月02日18時29分

    tromboneimai

    tromboneimai

    rene-antwerpさま、ありがとうございます。 モノクロで仕上げるつもりで撮りましたが、思わぬ雰囲気がでたので こちらをupさせていただきました。 それにしても物みな朽ちるのを止められませんよね。

    2009年06月03日03時05分

    Mazco

    Mazco

    子供の頃、町の外れにこんな家がありました。中にはローラーが付いた古い洗濯機とかあって子供心をくすぐっていました。懐かしさを感じます。家はボロですが空が青くて清々しいですね!

    2009年06月14日16時56分

    tromboneimai

    tromboneimai

    Mazcoさん、ありがとうございます。 この家はだだっ広い農耕地にポツンと取り残されたように佇んでいました。 人が住まなくなって何年になるのでしょうか? 北海道にはこういったつくりの古民家が結構点在しています。

    2009年06月15日21時02分

    tromboneimai

    tromboneimai

    きりえさん、ありがとうございます! 北の原野に取り残されたような家でした。あまりもさびしい風情だったので 少し明るく化粧いたしました^^

    2009年09月08日20時07分

    sian

    sian

    廃屋をたどってここに・・・ この家の背景の青い空が胸をしめつけてきました。 北海道は物語の似合うところですね(*^。^*)

    2011年01月20日12時22分

    tromboneimai

    tromboneimai

    sianさん、随分昔のを掘り起こしてもらいありがとうございます。 北海道の広大な原野にぽつんと取り残されたように佇んでいました。 開拓の夢破れ家を後にしたのでしょうかね。 明るく仕上げて弔ってあげたつもりなんですよ^^

    2011年01月20日19時45分

    新規登録ログインしてコメントを書き込む

    同じタグが設定されたtromboneimaiさんの作品

    • 魅惑的な曲線と直線
    • 美瑛の冬Ⅱ
    • 神の湖
    • 一日中雲を見ていたい
    • 霧の美瑛
    • LINES FOR HARVEST

    最近お気に入り登録したユーザー

    写真を削除しようとしています。

    本当に写真を削除しますか?

    こちらのレビューを他のユーザーに公開します。

    レビューを公開しますか?
    講評の公開設定については必ずこちらをお読みください。

    コメントを削除しようとしています。

    選択したコメントを削除しますか?

    エラーが発生しました

    エラー内容

    PAGE TOP