写真共有サイトPHOTOHITO人と写真をつなぐ場所

会員登録はこちら

第2回フォトコンテスト 「夏色」

2009年7月21日~2009年8月21日

2009年7月21日~2009年8月21日に開催した第2回フォトコンテスト「夏色」は、おかげさまで投稿総数のべ4,628件と前回を大きく上回る盛り上がりとなりました。参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました!
今回の選考には、特別審査員として写真家の笹口悦民先生をお招きいたしました。
最優秀賞・優秀賞・PHOTOHITO賞を受賞された3名様には、コメントもいただいています。ぜひ、あわせてご覧下さいませ。

なお、受賞者のみなさまには賞品の受け渡し方法をID登録時にご入力いただいたメールアドレスへお送りいたします。

受賞作品

最優秀賞

Rainbows
Rainbows
photo by naora
使用カメラ :NIKON D70s
使用レンズ :10-20mm F4-5.6 EX DC HSM (ニコン AF)
真夏の暑い太陽の下で、洗濯物を乾かす清々しさが伝わってくる素晴らしい一枚です。
夏の雲の立体感と、干しているシャツの立体感がさらに表現を豊かにしています。日中シンクロを使って撮影をされたようですが、そのおかげでシャツのディテールが存在感を増しているので、よりメッセージが明確に伝わってきます。晴天のそらに虹のシャツという遊び心も完璧でした。

優秀賞

ひまわり畑
ひまわり畑
photo by Doit
使用カメラ :E-520
使用レンズ :ズイコーデジタル ED 50-200mm F2.8-3.5
こちらの作品はかなりの僅差で二位になりました。
ひまわりの花だけを撮影するのではなく、あえてひまわり畑全体を写すことによって夏の情緒を感じさせています。圧倒的な数のひまわりが感動的です。構図も上手にまとまっていて、さらにそこに女の子が加わることによって、なにか素敵な物語を思い浮かべたくなるような一枚になっています。

PHOTOHITO賞

オットット
オットット
photo by カズα
使用カメラ :DSLR-A300
使用レンズ : AFマクロ100mmF2.8(D)
何よりもタイトルにやられました。
真剣なカエルの表情と落ちそうになっている動きに大爆笑でした。撮ろうと思ってもなかなか撮れるような写真ではありません。
ナイスシャッターチャンス!

入賞

  • Contest02_result_img04
  • 初めての海、苦い思い出
  • by Hiiroo
  • Contest02_result_img05
  • 海の神様がくれた夏
  • by PEACE
  • Contest02_result_img10
  • バケーションだよ、ベイビー!
  • by riceman
  • Contest02_result_img11
  • 震災復興「SUPER FENIX」
  • by TR5334
  • Contest02_result_img12
  • 残暑お見舞い申し上げます
  • by みるく
  • Contest02_result_img13
  • ライ麦畑でつかまえて
  • by Takanori
  • Contest02_result_img15
  • 夏…どこですか?
  • by yuntan
  • Contest02_result_img18
  • 千輪菊 十号五発一斉
  • by FLSTF97
  • Contest02_result_img27
  • 浅草オレンジロード
  • by TE+SU
  • Contest02_result_img30
  • ひとやすみ
  • by HOKO
  • Contest02_result_img33
  • カメラばっかりみてないで、おそらをみようよ
  • by ママカメコ
※入賞作品は順不同で掲載しております。
総評

PHOTOHITOで行った第2回コンテスト、「夏色」。全国的になかなか「夏」全開にならない天気にやきもきさせられる中、みなさまが描く「夏色」に日々夏を体感させていただきました。

今回の選考にあたりまして、まずテーマの夏色が作品から伝わってくるかどうかを一番の基準とさせていただきました。
美しい作品があふれる中でも、撮影した時の感動やメッセージなどが強く表現されているものを入賞作品に選んでいます。「自分が何に感動してさらに写真を通して何を伝えたいのか」を明確にした作品が持つ力を、強く実感したコンテストでした。
また、今回初の試みとして、プロの写真家である笹口悦民先生に最終選考をお手伝いいただきました。「綺麗だな…いい構図だな…」などと呟かれながら真剣に写真を見ていた姿が印象的でした。笹口先生、ありがとうございました!

改めて思い返してみると、この特徴的な2009年・夏だからこそ出会えたであろう作品が、数多く存在したように感じます。夏日の少ない日々だったからこそ、心を揺り動かされる瞬間がより強く印象に残ったのかもしれません。みなさまの「夏色」が、今も眩しく色鮮やかに意識に焼きついています。

次回のコンテストにも、ぜひ奮ってご参加いただければと思います。またみなさまの作品に出会えることを楽しみにしています。

2009.09.18 PHOTOHITO事務局

2/2>

▲ top

フォトコンテスト PHOTO STORE

PAGE TOP